WEBを利用して人集め

WEBサービスでは、情報のやり取りということで利用しているので、色々な情報が洪水のように入ってきます。

WEBサービスと情報のメリットやデメリット

WEBを利用して人集め WEBサービスでは、情報のやり取りということで利用しているので、色々な情報が洪水のように入ってきます。その中で、必要な情報とそうではない情報をより分ける必要が合いますし、常に新しい情報に更新する必要があります。面白い情報だと考えていたら、それが何年も前の情報で、今は全く違っていたという場合もあります。またSNSなどですが、お互いの境遇を比較して落ち込んだり、煩わしくなったりという場合もあります。メリットもありますがデメリットもあります。

SNSなどでは、自分の幸せな情報を投稿して、みんなで喜んでもらいたいと考えますが、見ている人は、不幸な状態の場合に、幸せな姿が相手への嫉妬や不幸感の増幅に繋がったりします。知らないうちに傷つけているという場合もあります。情報を素早く伝えることができるメリットと、相手を不幸にしてしまうメリットもあります。

他の人たちは、みんな幸せそうなのに、自分だけは、どうして不幸なのかという比較をしてしまいます。また不幸な人を見ると、可愛そうにと感じると同時に、自分の幸福感を実感したりします。インターネットでのWEBサービスは、色々な使い方がありますが、これからは良心基準から対処したり、相手への配慮も考えて利用する必要もあります。

関連サイト情報